体調管理

バスを間違える

国内のツアー旅行に活気が出てきているようです。北陸新幹線の開通に合わせて企画されたツアー旅行の予約は好調で、さらに東京上野間が開通することによって首都圏の中で直通でいける地域が拡がり、北関東から横浜や中華街への旅行も人気が出てきているようです。 一方海外旅行は少し勢いがないようです。当然、以前の1ドル80円という水準から比較するとずいぶん円安になったため割高感から伸びていないということです。逆に外国人観光客の日本への旅行者はかなり増加している状況です。 今後も鉄道インフラの整備と為替の動向が、旅行先に大きく影響を与えると思われます。旅行は趣味ですが、当然安いコストで最大限の楽しみを得たいというが人情なのです。

普段は問題ないのに、旅行に行くと腸の調子が悪くなってしまう人はいませんか?せっかく旅行に行っているのですから、快調でいたいですよね。少し工夫することで、防げることができますよ。 こういう人は、普段よりも意識的にこまめに水を飲むようにしましょう。自律神経は急激な変化に弱いので、いつもと違う日常にいるとどうしても自律神経が乱れがちになってしまうのです。なので、水で腸をやさしく刺激してあげることで乱れている自律神経を整えることができるのです。 また、いつもは整腸剤を飲んでいない人でも、旅行先では整腸剤を飲むようにしてもいいでしょう。そして旅行先ではあまり快便を意識しないこともポイントです。3日から1週間お通じがなくても全く問題ありません。むしろ神経質になりすぎると、逆に自律神経に良くありません。ゆっくり旅行を楽しみましょう。