車の共同使用

バスが待機する

カーシェアリングは、登録を行った会員間で一定の自動車を共同使用するサービスのことです。 自動車を共同使用するサービスとしてはレンタカーがありますが、レンタカーでは半日または1日といったある一定の時間または日数の貸出を設定しているのに対して、カーシェアリングでは数時間程度の貸出を想定しており、その分、レンタカーよりも利用料が安価に設定されています。 カーシェアリングが登場したのは、スイスが発祥といわれています。スイスでは1970年代のモータリゼーションによって大量の車両が都心に流入したため、これを規制する動きが行われ、その結果、都心では自動車が保有できなくなり、その代わりとして郊外に共同で自動車を所有しはじめたのがカーシェアリングとされます。 一方で日本では自動車は個人所有という意識が強く、また自動車保有に対する規制も行われなかったので、カーシェアリングの意味が薄く、また必要であればレンタカーを利用する傾向にあったため会員が共同保有するカーシェアリングはあまり普及していないのが実情です。

カーシェアリングのメリットは、自動車を使用する費用が安く済むというものです。これはレンタカーでも同様で、自動車を所有するために必要な税金や保険などの諸経費が不要で利用した時間に応じて利用料金を支払うため、割安に利用することができます。 特にカーシェアリングでは、レンタカーよりも利用時間が短く設定されており、そのぶん利用料金が安いので自動車を利用する費用が抑えられます。またレンタカーでは営業所まで足を運ぶ必要がありますが、カーシェアリングでは、専用の駐車場が設置されており自宅から近い場所にあれば、それだけ気軽に利用することが可能です。特に買い物や大きな荷物を運ぶといったちょっとした事でも気軽に使えるメリットがあります。